ついに始まった、仕事&育児の両立生活!少ない時間を活用して、楽しい生活がんばります!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
利益が上がる!NPOの経済学
2006年06月08日 (木) | 編集 |
最近は頭に何かを入れるのがマイブームみたい。
今まで本なんて読まなかったのに、結構楽しい。

で、今日読み上げた本はこれ。

利益が上がる!NPOの経済学 利益が上がる!NPOの経済学
跡田 直澄 (2005/09)
集英社インターナショナル

この商品の詳細を見る


NPOについてしりたくて読みました。
ずばり、感想は20点。
だって、あまり私の知りたいことは書いてなかったから。

気になっていたNPO、でも中身をあまりしりません。
よく言っていた子供広場もNPOの力を借りて運営しています。
NPOって、寄付で成り立っているというけど、どういうこと?
会社みたいに勤める人がいるのはどういうこと?

この本を読んで一つわかったのは、「寄付=投資」ということ。
NPOは、利益を目的にするのではなく、自分がやりたい
社会活動などを成し遂げる団体らしいです。
でも、よい成果をだすには持続させる必要があり、
そのためには経営手腕も必要だそう。

でも、どんなにいい目的を持った活動でも金は必要。
営利目的でない分、直接の収入は少ない。
そこで、同じ目的をもつ人をお金という形で参画してもらうのだそう。
その行為を言葉に置き換えると「寄付」となるだけで、
実態は、お金を渡す代わりにその活動に参画する「投資」なの
だそうです。

「寄付」という言葉の持つ意味とNPOの活動のイメージとは
合わなかったけど、そういわれると納得。。


ま、一部納得してすっきりしましたが、そのほかに書かれていることは
NPOをからめたビジネスモデルばかり。
そこまで関わる気のない私には、関係のない話でした。
聞いてて孫はないですが・・・

NPO活動を本気でやりたい、社会に貢献するビジネスを
立ち上げたいって方は読んだらよさそうです。
スポンサーサイト
テーマ:雑記
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。